075-882-1270

〒616-8102 京都府京都市右京区太秦森ケ東町4-42

お問い合わせはこちら
【休診日】土曜、日曜、祝日
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30

京都市右京区の歯科 にしかわ歯科医院(矯正歯科、入れ歯、予防歯科)

にしかわ歯科医院 院長ブログ
左記のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

なぜ子どもの頃から始めるほうがいいの?

子どもの矯正治療

大人は矯正治療ができないというわけではありませんが、子どもの頃に予備(1次)治療を受けることで、以下のようなメリットがあります。お子様の将来のためにも、歯の生え替わり時期などに歯並びが気になったら、歯科医院で治療を受けさせてあげましょう。

子供の頃に矯正治療を受けるメリットとは?

治療の仕上がりがよくなる

大人と違い子どもの顎は成長し続けているので、それをうまく管理すればスムーズに予備治療が行えます。子どもの場合、主な目的は顎の成長を促し、顎を大きく拡げてあげることです。顎の成長発育のバランスを考えてしっかり管理することで、将来に負担の少ない矯正治療へと移行できます。

永久歯を正しい方向へ導き、顎の正しい発育を促す

乳歯を抜く時期を調整することで、悪い方向に生えようとしている永久歯を正しい方向に導けます。そのため、乳歯の喪失などのリスクを軽減できます。幼い時期から噛み合わせの管理を行うことで、むし歯予防・治療も早期段階で行えます。

もし、顎の成長過程で悪い噛み合わせをほうっておくと、顎が変形してしまうことがあります。バランスのとれた顎の発育のためにも予備治療が有効なのです。

小臼歯抜歯の必要性が低くなる

将来、矯正治療を行う場合でも、子どもの頃に顎の幅を拡げたり、正しい成長を促しておくことで、抜歯リスクを減らせます。

当院では、極力小臼歯抜歯をしない治療を心がけていますが、患者さんの仕上がりの希望と現状を踏まえて治療が物理的に不可能な場合は、あらかじめご相談させていただきます。

なお、親知らずに関しては矯正治療をスピーディーに行い、治療後の経過を安定させる意味で早期の抜歯をおすすめしています。親知らずは治療中の障害、また治療後に不具合を起こす原因になる可能性が高いので、抜いたほうが安心です。

矯正治療を受けるタイミング

顎の成長や歯の大きさなどには個人差がありますが、小学校の低学年くらいの時期にはじめるのが良いでしょう。治療を受けるには、ある程度上下の顎の骨が成長していることが前提条件となります。

悪い噛み合わせは、悪いお口の環境を作り出してしまいます。つまり、早く改善すればするほど早期に良いお口の環境が整うというわけです。

当院ではK&P QODL(クオリティーオブデンタルライフ)をモットーにし、矯正治療をご提供しています。
ぜひ一度ご相談ください。

このページの先頭に戻る