075-882-1270

〒616-8102 京都府京都市右京区太秦森ケ東町4-42

お問い合わせはこちら
【休診日】土曜、日曜、祝日
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30

京都市右京区の歯科 にしかわ歯科医院(矯正歯科、入れ歯、予防歯科)

にしかわ歯科医院 院長ブログ
左記のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

矯正治療何でもQ&A

1.

治療期間はどのくらいかかりますか?

症状や治療方法により個人差がありますが、1年半から3年未満とお考えください。また、矯正後には歯が元の状態に戻ろうとするため、1、2年ほどの保定期間も必要になります。

2.

歯並びの悪さは遺伝によるものでしょうか?

後天的な要素もあるので一概にいえませんが、遺伝も原因の1つに挙げられます。特に受け口などの場合は遺伝的な要素が大きいといわれています。
お母さん、お父さんが子どもの頃からあまり噛まない習慣があると、「噛まないぞ」という遺伝子が入れ込まれ、顎の小さいお子さんが生まれてきます。
そう言った意味では、遺伝という要素は大きいと考えます。しかしながら、生まれてきてからの機能的な問題点を早期に発見すれば、不正咬合へのスパイラルを断ち切る事が可能ですので、小児期からの管理をおすすめしております。

3.

矯正治療は痛いと聞いたのですが?

矯正装置をつけたときに違和感や痛みが出ることもありますが、だいたい装置を入れてからと、調整を加えてから3~5日くらいで慣れてくるのでご心配いりません。装置を入れた当初は慣れるまで堅いものは控えて、やわらかいお食事にしてください。

4.

運動しても大丈夫ですか?

激しい運動でなければ大丈夫です。ただし、矯正装置によって唇などを切ってしまう可能性があるボクシングや柔道などのように人やものと激しくぶつかるスポーツはは避けたほうが良いでしょう。

5.

抜歯は必要ですか?

基本的に親知らずの抜歯は必要です。親知らずは治療の邪魔になったり、治療後の後戻りなどの大きな障害になりますので事前に抜歯をおすすめします。
小臼歯の抜歯に関しては、子どもの頃に予備(1次)治療を行えば抜歯する可能性が低くなるので、早めの治療をおすすめします。
またMEAWテクニックは歯を3次元的に動かすテクニックですので、従来の矯正治療よりも小臼歯を抜歯するケースは断然少なくなります。

このページの先頭に戻る