075-882-1270

〒616-8102 京都府京都市右京区太秦森ケ東町4-42

お問い合わせはこちら
【休診日】土曜、日曜、祝日
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30

京都市右京区の歯科 にしかわ歯科医院(矯正歯科、入れ歯、予防歯科)

にしかわ歯科医院 院長ブログ
左記のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

むし歯治療

なぜむし歯ができるの?

  1. 先ず食物を食べると、歯垢の中は酸性に傾きます。
  2. むし歯を作る細菌達は、食物(炭水化物)を分解し糖にして栄養としています。
  3. むし歯を作る細菌達は、栄養を吸収すると、代謝物(おしっこ)として酸を出します。
    この酸がさらに歯を溶かすのです。
  4. むし歯を作る細菌達は、歯垢の内部が酸性になるとより元気に活動します。

むし歯を作る細菌がいなくても歯は溶けるのです

飲食の回数が増えれば増えるほど歯の成分は溶け出します
注意
  • 細菌の大好物は砂糖ですが、ご飯、うどん、ポテトチップス、ラーメンも好物です。
  • 代謝物(おしっこ)は、有機酸といわれる弱い酸で歯の組織の深いところまで侵入していきます。
  • 口の中が酸性になると増える細菌があるので、飲み食いの後が活発しやすいし、自分たちの出す酸で口の中をもっと酸性にして増えていきます。

・むし歯を作る細菌達は、キシリトール(糖アルコール類)を栄養にできません。
・フッ素で歯の質を硬くすると、むし歯を作る菌達の出す酸に溶けにくくできます。

むし歯予防の4つのポイント
  1. 間食の回数を減らしましょう。
  2. 就寝前の飲食は止めましょう。
  3. フッ素の薬品等を適切に利用しましょう。フッ素入りの歯磨きを利用したあとは、うがいの数を減らしましょう。
  4. 最低6ヵ月に一度、できれば4ヵ月に一度はお口のチェックをしに来てください。
このページの先頭に戻る